【つぶやき】私の鳥獣対策セミナーをふりかえって。

皆さん、こんにちは★狩りチャンネルのNozomiです(`・ω・´)ゞザッ


今日は2020年2月22日に登壇させて頂いた『鳥獣対策セミナー』について振り返っていきたいと思います!!




私がお話を頂いたのは、



農林水産省が主催している


鳥獣被害防止対策研修〈狩猟免許所持者や若者・女性向け研修〉のセミナーでの登壇でした!


農林水産省公式ホームページ〈鳥獣被害防止対策研修〉


全国8カ所で開催されているこのセミナーはとても肉厚な内容であるにも関わらず、なんとっ


無料で



参加できるという、素晴らしいセミナーでした!私が参加したいくらいです。

運営がパソナさんになってますが、農水省からの委託ということですね★('ω')ノ

👆練習用の資料。初めての登壇、しかも50分との事だったので何回も30ページ以上の資料を作り直しタイマーで計り、練習スピーチを録音→チェックしながら練習しました。口癖って治らないんですね~(;´∀`)私の口癖は『あのー・・・』と『~という事なんですけど…』らしいです・・。お暇な方はYoutubeチェックしてみてくださいね…。

👆当日の朝!アニィ(左)は登壇補助、斎藤さん(中)はカメラマンとして同行してもらいました。9時過ぎに会場の東京駅につけるようにだいぶ早起きしました。定員100名でしたが、コロナの影響が出始めていて結構キャンセルがあったみたいです(;´・ω・)



👆東京駅に着いた!やはりマスクの人が目立ちますね・・・(; ・`д・´)


👆久しぶりの高い建物に浮かれる田舎者。


👆安定のズンズン置いて行かれる。会場は東京駅、画像正面目の前にあるパソナビルです。


👆ついた!



👆会場は落ち着いていてしかもとてもお洒落な空間でした( ゚Д゚)マスク・消毒の配布もばっちりです。参加者の人数は30人~50人程度といったところでしょうか。ちなみに聞いてみたところ、半分くらいの方がまだ狩猟免許を持っていない方たちで、女性も5人くらいはいらっしゃいました!『ジビエを食べるのが好きで、狩猟免許を取ったんです』っていう女性の方もいらっしゃいましたよ(*''▽'')



👆私は東京から田舎暮らしをすることになったいきさつや、今の収入源、猟師1年目から2年目の改善点によるイノシシ捕獲数の向上についての考察、肌で感じる現場の課題についてお話させていただきました。この時の内容(特に猟師1年目から2年目の改善点によるイノシシ捕獲数の向上についての考察)は4/1配信の『Best Times』さんでの連載でも細かく綴らせて頂く予定です('ω')ノ現在、バリバリ執筆中!


〈Nozomiの講義内容〉

♦自己紹介、経歴

♦ハンターになろうと思ったきっかけ

♦なぜYouTubやブログで情報発信するのか

♦私がハンターになるまでにとった行動

♦ハンター1年目から2年目への改善点と捕獲数の向上

♦捕獲手法、実績、防除方法

♦私が感じた現場の課題

♦師匠の見つけ方

♦活動を始めてよかった事、苦労している事


👆私の後にはちゃんと農研機構の方の研究データに基づくお話があり、大変勉強になりました。皆さん食い入るように聞かれていました。ちなみに農研機構さんは茨城のかただったのでやはり〈イノシシ〉対策がメインです!本当に茨城はイノシシが多くて多くて…困っているんです(´;ω;`)


〈農研機構さんの講義内容〉

♦イノシシの増加要因

♦イノシシ被害対策の基本

♦イノシシ捕獲に係る技術開発

♦今後求められる人物像



♦そしてお昼休憩を挟んだ後は『猪鹿庁』さんのお話です。(写真無くてすみません<(_ _)>)


〈猪鹿庁さんの講義内容〉

♦鳥獣対策における担い手育成とは

♦害獣とは何に困っているのか

♦獣害対策へのかかわり方

♦現状の課題

♦都市部からの巻き込み事例

♦その他地域での事例、狩猟体験、エコツアー


猪鹿庁さんがどのような事業をされているか、そして被害が出て困っている農村部の方と、狩猟に興味がある都心部の方たちを上手にマッチングした事業例等、お金のめぐらせ方等、どちらかというと『事業者、主催者』目線のお話でした。狩猟で起業したい方、狩猟関係の催しものを主催したいと考えている方にはすごく勉強になるお話だと思います。



👆『猪鹿庁』さんの後は、各市町村自治体の取り組み事例発表です。各自治体の、自然環境課や環境保全農業課、農林課などの取組発表でしっかりとしたデータの発表や地域協力隊などの募集要項の説明などなど。

♦茨城県

♦福島県

♦岩手県


👆そして最後は交流会です!

基本的に参加者さん、主催者さん、講師の方と自由にお話できます。皆さん積極的に名刺交換をされていたので参加される方は名刺を持って行ったほうがスムーズかも?遠く遠方からいらした方や『今日の為に取り急ぎ名刺作ったんです~』って方も数名居ましたね('ω')ノ


私自身、東京で会社員→辞めて茨城→農業・狩猟→Youtubeで情報発信という道を歩んでいるので、


『狩猟はじめようと思って会社辞めました!』←3人くらいいらっしゃった。

『田舎に移住しようと思ってます!』

『今会社員だけど狩猟で起業しようと思ってます!』

『Youtube始めようと思っているんです!』


といった方々がお話や名刺交換しに来てくれました!ひたすら応援!


それにリスナーさんも何人かあいさつに来てくれました!嬉しみ!(´;ω;`)ウゥゥ

👆最後は一般社団法人『Pine Tree』さんのブースでめちゃくちゃ本気で遊びました!!!!これまじで面白かったので、Youtubeでやらせてもらえるよう交渉中です!!(*ノωノ)




【まとめ】

さて、だらだらと綴らせて頂きましたが!結論、鳥獣対策セミナーは以下の方にオススメです。ボリュームのあるセミナーだったので本気で興味がある方に良いと思う。


♦狩猟を初めて見たい方、とくに『獣害対策』や『駆除活動』に興味がある人

♦田舎に移住して狩猟をやりたい人

♦初めてみたもののどうしたら良いかわからない人

♦狩猟関係の横のつながりが欲しい方


また、移住込み・住居保証在り・給料在り(15万~20万)の有害鳥獣対策員募集や、

地域おこし協力隊の募集もありましたよ!



私は結構Twitterやフェイスブック、ホームページなどでアンテナを張っていますが、それでもこのセミナーで初めて知った目から鱗な情報や、募集、セミナー、イベント、ワークショップ等ありました。(大人の事情で紙ベースでしか告知できないイベントもあるんです…(;´∀`))ほかにも開催があると思うのでぜひ興味のある方は参加してみてくださいね!


TOPへ戻る




▶️YouTube『Nozomi’s 狩チャンネル』⠀

https://www.youtube.com/c/nozomikarichan⠀

▶️インスタ⠀

https://www.instagram.com/nonchannozomi/⠀

▶️FB⠀

https://www.facebook.com/nozomi.karichan/⠀

▶️連載『都内の美人営業マンが会社を辞めて茨城の奥地で狩女子になった件』⠀

https://www.kk-bestsellers.com/search/author/Nozomi




Nozomi's狩チャンネル 狩猟日記。

10年以上住んだ東京を離れ茨城県で狩猟免許をとりハンターを目指す事になりました。 私は趣味で狩猟をする”トロフィー・ハンティング”をする気はありません。 おばあちゃんの畑を守りたい!そう思うのです。 ※モバイル版の方のメニューは右上の3本線です※

0コメント

  • 1000 / 1000